うさぎとカメ。

こんにちは!
パズル一番町 四家井です。

実は私、好奇心旺盛で結構多趣味なのですが、数ある中でも写真撮影が1、2を争うくらい大好きです。
最近、日々の忙しさにかまけて撮りに出かけられてないなーと思い、お休みを利用して初の鎌倉に行って写真を撮ってきました!
いつもインターネットで目ぼしいスポットを下調べして、その間を歩いて撮り歩くという旅スタイルで楽しんでいて、
今回の旅のメインに選んだのは、鎌倉あじさい寺とも呼ばれる「明月院」

月やうさぎといった、宇宙にも縁のある寺院で「悟りの窓」と呼ばれている円窓が有名です。
私も今回はこの円窓が撮りたくて足を運んできました♬
この円窓のある建物を挟んで手前と奥に2つのお庭があるのですが、普段は円窓の向こうに見える後庭園は非公開になっていて、紫陽花と紅葉の時期に年2回だけ特別に公開されます。

 

そんな素敵な明月院の入り口脇にある橋で、うさぎとカメの像を見つけました。

 

IMG_4085

 

みなさんは、「うさぎとカメ」という寓話をご存知ですか?
日本では「もしもし かめよ〜」で有名な童謡にもなっている、足の速いうさぎと足の遅いカメが競争をして最後にはカメが勝利するお話です。

このお話の教訓は、一般的にふたつあるようです。
① 油断大敵。素晴らしい能力を持っていても、油断して力を抜くと物事を逃してしまう。
② たとえ能力が弱くても、真っ直ぐ目的に進むことで、最終的に大きな成果を得られる。

私も同じような認識を持っていたのですが、
この写真を撮ってるときに、新たな気づきがありました。

 

それは、

「他と比べたって、なにも変わらないんだなぁ」

ということ。

ついついサボってしまったうさぎも、がんばって歩み続けたカメも。

2匹とも無事にゴールすることができたんだから、それだけですごいことだな!って思うんです。

 

遅いか速いかだけの違いだけで、目指すゴールは一緒。

怪我をしたら、休むのだってきっと一緒。

大切なのは、ゴールに向かって走りきれるかどうか。なんだと想います♪

 

そんなことを想って鎌倉を北から南まで歩き抜いた1日でした♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

多彩な受付スタッフ 其の弐

みなさん、おはようございます。 パズル一番町  市川です。 パズル一番町の受付には、いくつかのディプロマを掲示しています。 …

パズル一番町の本棚より No.2

みなさん、こんにちは。 パズル一番町 市川です。 今日は「夏至」です。一年で最も昼が長く、最も夜が短い日です。 夜の7時ぐ…

パズル一番町限定栞 Part2 ができました!

みなさん、おはようございます。 パズル一番町 市川です。 今年の梅雨はあまり雨が降りませんが、 空模様が怪しい休日には、部…

多彩な受付スタッフ 其の壱

みなさん、おはようございます。 パズル一番町 市川です。 受付スタッフの一人、四家井(しかい)が撮影した写真にインスピレーション…

パズル一番町の本棚より

みなさん、おはようございます。 パズル一番町 市川です。 「その部屋の本棚を眺めていると、その人のことがわかる。」と聞いたことが…