私の住んでる吉祥寺のお話。

こんにちは。9月になりました。田中です。

今回は私が今年から住み始めた吉祥寺についてのお話を

暇つぶしがてら読んでいただけたらなぁと思います。

まずは真面目に。

ご存知の方もいらっしゃると思います。

【地名の由来】

東京には多くの「寺」という字が付く地名が多くあります。

祐天寺・高円寺・国分寺・豪徳寺 などなど。

そのほとんどに地名のままのお寺さんがございます。

ところが吉祥寺は「寺」という字が入っているにも関わらず

「吉祥寺」というお寺さんは吉祥寺にはございません。

はて、どこにあるんかな。

「吉祥寺」という名のお寺さんは文京区の駒込にあります。

そもそも「吉祥寺」とは曹洞宗のお寺で太田道灌(おおたどうかん)が

江戸城内に「吉祥庵」というお寺を建てたのが始まりと言われております。

その後、現在の水道橋あたりに移り、

これまた現在の本駒込に移ったのでございます。

ででん!

時は、江戸時代

江戸幕府が開かれておよそ半世紀頃の明暦3年。

かつて江戸の町、その半分が焼失するほどの大火に見舞われたと言います。

こちらの大火、名を「明暦の大火」と呼ばれております。

これにより本郷元町(現在の水道橋駅近く)にございました

諏訪山吉祥寺の門前町が焼失いたしました。

門前の町人たちは居を失い、幕府のあっせんにより

寺を離れ、現在の武蔵野市東部へと移住されたのです。

その時、武蔵野市一帯を開墾してくれた御三方がこちら。

☆佐藤定衛門(吉祥寺の浪士)

☆宮崎甚右衛門(土着の百姓)

☆松井十郎左衛門

その後まもなくして、吉祥寺に愛着を持っていた住人たちが

この地を「吉祥寺」と名付けたことから

武蔵野の吉祥寺が始まったと言われております。

そして時は過ぎ大正12年

まさかの関東大震災が東京を襲いました。

この大震災を機に、またもや多くの人達が

吉祥寺に移り住むことになりさらに人口が急増いたしました。

また、美しいケヤキ並木でも知られる成蹊学園が池袋から移転したこともあり

農村から住宅街、そして多くの商店や学生で賑わう街へと

変貌を遂げることになったのです。

因みに吉祥寺駅の開業は明治32年でございます。

まぁ、こんなところでしょうか。

数あるインターネットサイトを駆使しおまとめしました。

吉祥寺は今も尚、新しい商業施設を建てたり

何個あっても足りないカフェをオープンしたりと

古く歴史のあるものを壊してまで作らなきゃならんのか

と思うものが増え、若者も集まり、

良くも悪くも新たな吉祥寺の顔を見せています。

続いて、何と言っても

【いつも住みたい町上位】

「吉祥寺に住んでいます。」と言うと

「いいなぁ」「いいとこに住んでるね!」と

言ってくださる方が多くいらっしゃいます。

ですが住んで半年、未だにちょっとよくわからないです。

一つ言えるのは「住みにくい町では無い」

という事。もう少し住んでみようと思います。

だが一つ言いたい。

このまえ山の手の恵比寿さんに5年連続1位だった王座を

取られました。恵比寿も町並みはよく知っていますが

パヤパヤしていて何もありません。

なぜあの町が一位になったんだろう。

お陰様で吉祥寺は2位です。

納得のいかない結果となりました。

【よくメディアに取り上げられる町】

なんやかんや注目されるこの町。

なんでですか?

楳図かずおさんが住んでるからですか?

まぁ確かに、クドカンでお馴染み宮藤官九郎さんや

お笑い芸人ピースの又吉さんなど数々の

文化人が吉祥寺に関して名をあげています。

他にも調べてみると漫画や小説、映画など

吉祥寺を舞台とするものも幾つか見られました。

なんと贅沢な町なんだと最近感じました。

最近で関連した事をもう一つ。

吉祥寺をガッツリ舞台にした漫画が最近ふつふつと

人気になっています。

【吉祥寺だけが住みたい町ですか】

というタイトルの漫画。面白かったです。

吉祥寺の不動産に勤める恰幅の良い双子姉妹が

「吉祥寺に住みたくて物件を探してるんです〜」

と言いに来たお客さんに違う町を紹介するという話。

お客さんの希望ド無視だな。

と思いましたが面白かったです。

まぁ、そんな不動産なかなかないので

新鮮な視点を頂きました。

相手のニーズにきちんと答えるのが答える側としては

一般的ですが根本の “新たな家を探している” ということ

を軸にお客様が考えてなかったような視点から

第二希望を提案してみるのも

面白いなと感じたのでした。

是非、ご一読ください。

私が住んでみて思ったことは渋谷並みに

スターバックスが多いということです。

あと、お休みの日は吉祥寺民がお茶をしたくても

どこも人がたっぷりで、住んでる町で

茶一杯も飲めないということです。

ただ、ハモニカ横丁はいつも心地いい時間が流れています。

簡単に言うとゴールデン街の若者版です。

因みに吉祥寺は都内ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201710/12

取手でチャレンジしてみませんか?

みなさん、こんにちは。 katanaオフィスの永田です。 さて、弊社の吉田が理事を務めている一般社団法人とりで起…

フランス?

皆様 こんにちは。 最近飲むヨーグルトにハマっている パズル一番町 吉川です。 先日『ルコックロティ』というお店で ガレット を食べ…

至福の時

皆様 こんにちは。 安納芋の季節ですね!パズル一番町 吉川です。 受付業務をしていると とっっても有難い事に、会員様からお菓子を…

ホットクとは?

皆様 こんにちは。 トッポギ好きのパズル一番町 吉川です。 先日、韓美膳 (ハンビジェ)という韓国料理屋さんで「ホットク」を食べ…

アンビシャスの行動指針

「かっこいいニッポン人に、なろう。」 グローバル化がますます広がるこの時代、ますます「個」の存在感や責任は増大していきます。 …